コーヒーリスト

銘柄別

China Yunnan Dehong Yuan Yi Yuan Yeast Fermentation Honey

China-flag.png

中華人民共和国

雲南(Yunnan)省 徳広(Dehong)市

源一原(Yuan Yi Yuan)農園

イーストファーメンテーションハニープロセス 

 

【略称】ユアン・イーストハニー

【風味】ライチのような香り。アロエや桃、トロピカルフルーツのような風味。

【焙煎】中浅煎り

【酸味】★★☆☆☆

【コク】★★☆☆☆

【苦味】★★☆☆☆

【個性】★★★★★

【単位】100g

【産地】中華人民共和国 南西部 雲南省 徳広市

【標高】1,400-1,580m

【農園】源一原 農園

【品種】カティモールP4

【発酵乾燥】イーストファーメンテーションハニープロセス

【分類】トップスペシャルティコーヒー

 

【イーストファーメンテーションハニープロセス】

酵母発酵によるハニープロセス。ハニープロセスはまず完熟したコーヒーチェリーを収穫しコーヒーパルプを剥きます。剥いたパルプは一般的には肥料やカスカラティーなどに利用されますが、このプロセスではミューシレージのついたパーチメントコーヒーと一緒に水を張ったタンクに入れます。同時にコーヒー専用の酵母を投入し150時間発酵させます。発酵が終わったら洗浄せずにそのまま乾燥させます。酵母発酵によって非常に個性的なフレーバーが形成されています。

 

【雲南省のコーヒー】

雲南省は中国の西南辺境に位置し、中国内で最も多くの少数民族が生活している省です。南部はベトナム、ラオス、ミャンマーなど、北西部はチベット自治区と接しています。全体的に地形が複雑で、昼夜の温度差が大きく気候も多様なため豊かな生態系があります。雲南省のコーヒー栽培は1892年にフランス宣教師からコーヒー種を導入して以来、様々な地域に広がっています。現在雲南省で最も栽培されている品種はカティモール(Catimor)系です。コーヒーの木と共に植わっているのは主にタスノキ、アカギ、安息香の木、鳳凰木、ヤブニッケ、トネリコギ、タマリンドなど自然生育の樹種でシェードツリーとして木陰を生み出しています。その他、ナッツ、アボカド、サクランボ、ライチ、バナナやマンゴーなども植えられています。栽培にはシェード率が原則として30%-50%になるように定められています。